2011年07月28日

参議院内閣委員会、厚生労働委員会にて答弁

参議院内閣委員会が開かれ、岡崎トミ子議員(民主)の質問にお答えしました。

○岡崎議員
 障害者基本法の改正を受けて、当面、来年度に必要な人的・物的予算を確保する
必要があると考えているが、文部科学省の考えは。

 ○笠
 障害者基本法においては、政府は、この法律の目的を達成するため、
必要な財政措置を講じなければならないとされている。
 また、本年4月に成立した義務標準法の一部改正法においても、
教員の数を加配する事項つぃて、障害のある児童生徒に対する特別な
指導が行われていること等への特別な配慮についても明記させていただいた。
 施設整備においても、従来より教室不足の解消及びエレベータ、
障害者用トイレ、スロープ設置等のバリアフリー化に係る施設整備について、
国庫補助を行っているところでございます。
 今回の障害者基本法の一部改正法案に関する国会でのご議論や学校の
状況等を勘案しながら、文部科学省としては、これまでのこうした取組に加え、
今後、必要な人的、物的な条件の整備にしっかりと取り組んで参りたい。

H23.7.28monka@.jpg
(参・内閣委員会)


引き続き、参議院厚生労働委員会にて、福島みずほ議員(社民)の質問に
答弁に立ちました。

H23.7.28monkaA.jpg
(参・厚生労働委員会)
posted by STAFF at 14:12| 文部科学大臣政務官 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

衆議院文部科学委員会で答弁

H23.7.27monka@.jpg

衆議院文部科学委員会が開かれ、本村賢太郎議員(民主)の質問にお答えしました。

○本村議員
 7月21日に「東日本大震災を受けた防災教育・防災管理等に関する有識者会議」が
設置され、9月に報告書がまとまると聞いているが、有識者会議の議論を受けて
文部科学省はどのような対応を行うか。

○笠
 7月21日に第一回の会合を開催したところですが、8月までに概ね4回程度の議論を
行い、9月いっぱいで中間のとりまとめをさせていただきたいと思っております。
 有識者会議では、学校における防災教育の内容の充実方策、避難経路やマニュアルなどの
防災管理の在り方、教職員の安全指導力の向上などについてご審議をいただく予定です。
 そしてその中間報告が各自治体の教育委員会を通じて現場の子どもたちや先生に
広まるよう努めてまいりたい。
posted by STAFF at 15:00| 文部科学大臣政務官 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

全日本少年剣道錬成大会開会式

瑶子(ようこ)女王殿下のご臨席のもと、
第46回全日本少年剣道錬成大会、第36回全日本選抜少年剣道個人錬成大会が
日本武道館で開催され、文部科学省を代表してご挨拶しました。

H23.7.26monka@.jpg
(前年度の文部科学大臣杯返還)

H23.7.26monkaA.jpg
H23.7.26monkaB.jpg
posted by STAFF at 13:39| 文部科学大臣政務官 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

消費者教育推進会議

今年1月から3回にわたってテーマ別に会合を重ねてきた消費者教育推進会議。
今回は、これまでの意見をまとめた中間整理案について委員の皆様にご審議いただきました。

H23.7.25monka.jpg
posted by STAFF at 16:27| 文部科学大臣政務官 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

麻生区国政報告会

H23.7.24 asaoshiminkan 007 up.jpg

麻生市民館第2会議室にて
posted by STAFF at 00:00| 地元活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

フィリピン ロペス駐日大使と意見交換

笠が事務局長を務める政策グループ青山会(会長:樽床伸二)定例会に
フィリピンのマニュエル・ロペス駐日大使をお招きし、意見交換をしました。

H23.7.21seizankai.jpg
(左からロペス駐日大使、樽床代議士、笠)
posted by STAFF at 16:35| 国会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

ASEAN+3教育大臣会合

ASEAN(東南アジア諸国連合)プラス3(日中韓)教育大臣会合が18日、
インドネシアのバリで開かれ、政府を代表して出席しました。
2009年のASEAN+3首脳会議でタイが提案した行動計画(※)の進捗報告や
各国の今後の計画について話し合われました。

※二国間レベルの教育協力の取組を地域レベルに拡大していくことを目標とし、
初中等教育から高等教育にわたる包括的な行動計画。

H23.7.18monka@.jpg
(ASEAN+3教育大臣会合)

H23.7.18monkaB.jpg
(参加16ヶ国の教育大臣との記念撮影)


ホスト国であるインドネシアのムハンマド・ヌー教育大臣とバイ会談を
行い、主に留学生の交流について意見交換をしました。
H23.7.18monkaD.jpg
(インドネシアの民族衣装バティックシャツを着用)


会合終了後には、バリ補習校の関係者と懇談しました。
バリ補習校とは、バリの日本人会が設置し、バリ日本友好協会が
運営をしている日本人学校で、会員の子どもらが日本語や算数(数学)を
学んでいます。
H23.7.18monkaE.jpg

posted by STAFF at 10:00| 文部科学大臣政務官 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

衆議院経済産業委員会にて答弁

衆議院経済産業委員会が開かれ、佐藤茂樹議員(公明)の質問にお答えしました。

○佐藤議員
 今回の北朝鮮オリンピック代表団の入国について、北朝鮮国籍保有者の入国原則禁止
とする北朝鮮への制裁措置に抵触するのではないか。

○笠
 ご指摘のように制裁措置をしっかりと踏まえた対応をしなければならないと思っております。
 今週12日から14日まで東京で開催されたOCA総会関連行事には、北朝鮮籍の
IOC委員やNOC関係者など5名の参加について、JOCに対して申し込みがありました。
 政府としては、現在、北朝鮮籍者の入国は特別の事情がない限り認めないこととしています。
 今回のOCA総会関係行事への北朝鮮籍関係者の出席については、
OCA憲章の規定・趣旨等の諸般の事情を総合的に勘案したうえで、あくまでも例外的に
特別の事情を認め、入国を認めると判断したものであり、対北朝鮮措置に抵触するものではないと
考えております。


○佐藤議員
 北朝鮮オリンピック代表団の入国を認めた理由は。

○笠
 今回の北朝鮮籍関係者の入国に際して、JOCはじめスポーツ界から
OCA憲章に照らして関係行事の参加については認めてほしいと
強い要請がございました。
 私自身、拉致問題、そして我が国が制裁措置を課しているということも
十分に認識しておりますが、スポーツを担当する文部科学省としましては、
スポーツ関係者の想いと会議や委員会の出席について、制限、あるいは条件を
課してはならない旨規定されているOCA憲章の精神にのっとって、
OCA総会関係行事への参加に限り、例外的に特別な事情が認められると判断し
入国を認めることとしましたので、ご理解いただきたいと思っております。
 
posted by STAFF at 15:06| 文部科学大臣政務官 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

アジアオリンピック評議会レセプション

日本オリンピック委員会(JOC)創立100周年を記念して
アジア・オリンピック評議会(OCA)の総会が東京で開催されました。
総会後にレセプションが開かれ、鏡開きに参加しました。

H23.7.14monka@.jpg

H23.7.14monkaA.jpg

posted by STAFF at 18:00| 文部科学大臣政務官 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

2011年07月12日

実験動物中央研究所 新研究所開設式

公益財団法人実験動物中央研究所は、川崎市が環境・ライフサイエンス分野の
研究開発拠点としている川崎市殿町に新しい研究所を開設。
それを記念してオープニングセレモニーが開催され、文部科学省を代表して出席しました。

H23.7.12monka.jpg
posted by STAFF at 17:15| 文部科学大臣政務官 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

麻生区東柿生国政報告会

H23.7.10 higashikakio.JPG
麻生区の東柿生地区の皆様との国政報告会を開催しました。
posted by STAFF at 00:00| 地元活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

衆議院厚生労働委員会にて答弁

衆議院厚生労働委員会が開かれ、鴨下一郎議員(自民)の質問にお答えしました。

○鴨下議員
 これから医師を増やしていくのに、既存の大学の定員増だけで足りるのか。
医学部を増やしていくことも必要ではないか。これについて文部科学省の見解は。

○笠
 文部科学省としては、政府の医師確保対策に基づき、平成20年度より
医学部の定員を増やすという方針で取り組んできた。
今後の医学部の新設や定員をどうしていくかについては、
平成22年12月に「今後の医学部入学定員の在り方等に関する検討会」を設置し、
厚生労働省での医療提供体制に係るグランドデザインの議論等をふまえつつ、
検討を進めているところです。

H23.7.8monka.jpg
posted by STAFF at 11:25| 文部科学大臣政務官 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

日本人若手英語教員米国派遣事業壮行式

「日本人若手英語教員米国派遣事業」とは、若手英語教員を米国に派遣し、
英語教育の教授法を学ぶとともに、米国での交流やホームスティを通じて
米国の理解を深めることを目的とした事業です。
昨年11月に横浜で開催されたAPECの際に、日米首脳会談で
日本側より発表された「日米同盟深化のための日米交流強化」の主要事業の一つで、
今回がその第一回目の派遣となります。

H23.7.7monka.jpg
(壮行式で挨拶し、その後、教員の皆さんと記念撮影しました。)
posted by STAFF at 15:52| 文部科学大臣政務官 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

文部科学省 第二次補正予算案

政府は、総額19988億円の第二次補正予算案を閣議決定しました。

【概要】

・原発事故関連 2754億円

・二重ローン問題対策費などの被災者支援関連 3774億円

・震災復旧・復興予備費 8000億円

・地方交付税交付金 5455億円

 

文部科学省は上記の第二次補正予算案に1493億円を計上しました。

【概要】

@原子力損害賠償法関係(1213億円) 

A「ふくしまの子どもたちを守る取り組みに関する緊急要望」等関連(110億円)

   ・福島県内の全ての小中高校、幼稚園、保育所や公園等に放射線を常時監視する
    「リアルタイム放射線監視システム」の整備(
17億円)
   ・福島県内の59全ての市町村に可搬型モニタリングポストを各6基ずつ配備し、
    隣県に
130基を含め計484基の整備等(50億円)
   ・
個人用積算線量計を貸し出す事業(43億円)

 

B全国の放射線測定強化(125億円)

   ・各都道府県に1箇所だったモニタリングポストを250箇所増設するための整備(32億円)
    ※高さを地上
1メートルに統一

   ・各都道府県に土壌などに含まれる放射線物質の分析機器を1台ずつ整備(12億円)
    他
 

C福島県外も含めた校庭等の放射線低減事業(45億円)

※毎時1μSv以上の線量を計測した校庭の表土を除去する費用への補助金

  
posted by STAFF at 18:59| 文部科学大臣政務官 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

第32回チャリティーベースボール大会 開会式

多摩区少年野球連盟 チャリティーベースボール大会 開会式に参加しました。
H23.7.2-1.jpg

H23.7.2-2.jpg
posted by STAFF at 09:00| 地元活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。