2011年08月09日

衆議院農林水産委員会で答弁

衆議院農林水産委員会が開かれ、石田祝稔議員(公明)の質問にお答えしました。

○石田議員
 原子力損害賠償紛争審査会の中間指針について基本的な考え方を伺いたい。
(中間指針に盛り込まれていない分野は賠償の対象外なのか)

○笠の答弁要旨
 原子力損害賠償紛争審査会がとりまとめた中間指針は、
本件事故との相当因果関係のある原子力損害の範囲の全体像を
示すものであり、類型化できる原子力損害については、賠償すべき
損害としてその範囲を明らかにする一方、類型化できず、本指針の
対象として明記されていない損害についても、個別に相当因果関係が
明らかにされることにより損害賠償の対象となることが明示している。
 この点については、中間指針の冒頭部分においても「中間指針に明記されない
個別の損害が賠償されないということのないよう留意されることが必要」と
言及している。
 文部科学省としても東京電力により的確な賠償が進められるものと考えている。

H23.8.9monka.jpg
 
posted by STAFF at 16:13| 文部科学大臣政務官 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。