2011年05月23日

参議院決算委員会にて答弁

参議院決算委員会が開かれ、柴田巧議員(みんな)から
この度の震災による大学等の被害状況や早急な復旧に向けての
文科省の取り組みについての質問があり、答弁に立ちました。

○笠の発言要旨
本日7時現在で、大学272施設、研究開発機関16施設で
施設・設備・ライフラインの損壊などの被害が発生している。
このため、その早期復旧のため、第一次補正予算で、まずは
当面必要となる経費を計上したところであり、可能なものから
早急に復旧に取り組んでいく。
引き続き、被災状況の把握を進め、施設の早期復旧に向けて
しっかりと取り組んでまいりたい。

H23.5.23monka@.jpg

posted by STAFF at 17:00| 文部科学大臣政務官 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。