2011年12月10日

拉致問題についての国際セミナー

家族会・救う会・拉致議連主催で北朝鮮の拉致問題に関する国際セミナーが
開催され、民主党を代表して出席し、発言いたしました。

北朝鮮は、2008年に拉致被害者の再調査を約束したが、全く進展がない。
新たな制裁について、具体的に真剣に検討していかなければならない。
また、アメリカでも拉致に対する関心が高まっている。
アメリカ政府、議会に対して、再度、北朝鮮をテロ支援国家に指定するよう働きかけをいていく。
拉致問題の解決、すなわち政府認定の拉致被害者、また特定失踪者を含め
全員の救出に向けて取り組んでいく。

H23.12.10rati.jpg
posted by STAFF at 17:00| 国会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。